アメックスゴールドカードの平均的な審査基準

アメックスゴールドカードの審査は、安定した収入を約束されているのか、返済能力がどれほどあるのか、住まいがはっきりしているのか、この3点が基本となります。

まず安定した収入についてですが、これは現在勤めている会社の職種や勤続年数、そして年収が判断の対象となります。

そしてもう一つ、申し込み時の年齢についても、利用者が考える以上に重要視していることを把握しておきましょう。

これらの情報から判断する内容は、貸付するにふさわしい人物なのかの指標となります。

そして年齢については、貸付金額いかんによっては、完済にかかるまでの期間が長くなる事が予想されるので、完済までしっかりと働くことができるのかを見定めるのに役立てます。

次に返済能力については、主に、既に他の金融機関で借り入れを行っていないか、過去にトラブルを起こしていないかをチェックすることとなります。

収入だけを確認しても不十分な理由は、なぜそれだけの収入があるのにアメックスゴールドカードを利用するのか、その理由を探るためでもあります。

それなりの支出があるからこそ利用するはずだ、この予想を元に、申込者全ての経済状況を個人信用情報センターで確認しています。

最後に住まいの確認については、夜逃げ対策となります。

例えば、持ち家の信用度が高い理由は、これを処分しなければ夜逃げできないからです。

その逆に、住まいを転々としている方は、この点で大きなマイナスとなります。

アメックスゴールドカードを利用するためにここまで調べられてしまうのか、中には不快に思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし提供する側の立場からすれば、損益を出さないための必要な手続きですので、これを理解、そして納得されたうえで申し込みを行いましょう。

アメックスゴールドカードの審査について詳しく解説しているサイトはこちら
https://precca.net/amex-gold

インターネットとクレジットカードの関係

パソコンとスマホの普及で、いつのまにか、インターネットで買い物するのが当然のようになってしまいました。

週に1度はネット通販を利用。

支払いはもちろんクレジットカードを利用しています。

が、数年前初めてネットで買い物をした時は、クレジットカードの番号を入力することに抵抗があり、コンビニ支払いを選びました。

コンビニまで出向かなければいけないし、手数料もかかりましたが、大手サイトといえどもカード番号を登録するのが不安だったのです。

すっかり慣れた今では、サイトごとに登録カードを変えて、少しでも多くポイントが貯まるように工夫しているほどです。

そもそも最初のクレジットカードを作ったのは、海外旅行に行ったのがきっかけでした。

滅多に使わないものだったのに、ネット通販を利用するようになって、すっかりクレジットカードのヘビーユーザーになってしまいました。

現在私が持っているクレジットカードは5枚。

10枚以上持っている友人もいますので、少ない方だと思いますが、このうち3枚はこの2年ほどに作ったカードです。

ネット通販の利用とともに、クレジットカードも増えていっています。

カードの明細も毎月ネットでチェック。

私にとっては、インターネットの利用とクレジットカードは切っても切り離せない関係です。